ルプルプで地肌が染まる?実際に地肌に付けて確認してみた

ルプルプの地肌について

ルプルプは口コミでも人気の白髪用ヘアカラートリートメントです。
ルプルプ

 

 

ルプルプ地肌に付いても、きれいに洗い流せるのでしょうか?

  • 地肌が染まってしまわないか心配...
  • そもそもルプルプが地肌に付いても安全なのでしょうか?

実際に地肌に付いたルプルプが、洗い流せるのかどうかを確認してみました。
また、地肌に付いても大丈夫なのかも併せて調べましたのでシェアします。

 

 

地肌に付いたルプルプは洗い流せる?

ルプルプが地肌に付いても洗い流せます。

 

実際にルプルプを、自分の髪の毛に塗っている最中に地肌に付いてしまいました。
すぐにでもティッシュで、ふき取ろうと思いました。

 

でも、髪に付いているルプルプまで取れてしまうのが嫌なので、そのまま30分間放置することにしました。

 

ルプルプが地肌に付いた

 

 

30分後に、念入りなすすぎとシャンプーで、しっかりとルプルプが落ちました!
地肌が、すっかりきれいになったことを確認できます。

 

もし、シャンプーの泡がルプルプのカラーの色でしたら、すすぎが不十分な証拠です。
なので、もう1度すすぎからやり直すことをおススメします。

 

地肌に付いたルプルプが取れた

 

 

ルプルプが地肌に付いても、すすぎとシャンプーで自然に洗い流せることが確認できました。

 

放置時間は30分を限度に!
染まりを良くするために、1時間など長時間放置している方も見えます。
ですが、ルプルプ付属の説明書には以下の注意書きがあります。

放置時間が長いほど染毛力が上がりますが、30分を限度に洗い流して下さい。
逆に頭皮の塗料が落ちづらくなり、痒みの原因となる可能性があります。

 

放置時間につきまして
出典:ルプルプ公式サイト

 

確かにその通りですね!
頭皮のトラブルを心配して、わざわざ無添加のルプルプを選んで使っています。
なのに、メーカーの説明を無視して1時間も放置するのは、無茶な使い方をしていると言えますね。
そんな使い方で、頭皮にトラブルが起きたら本末転倒ですよね。(^_^;)

 

なので、私も放置時間は説明書通りの30分間にしました。

地肌にルプルプが付いても大丈夫?

ルプルプは以下の3つの理由により、

  1. 無添加処方なこと
  2. パッチテストを徹底していること
  3. ガゴメ昆布の粘り成分がバリアしてくれること

地肌や頭皮はもちろんのこと、髪にも安全に作られています。

 

 

1つずつ詳しく説明します。

無添加処方なこと

ルプルプにはタール系色素やジアミン系酸化染毛剤などの人工染料は含まれていません。
代わりに、優しい植物由来の天然染料(ベニバナ、クチナシ、藍)で、地肌や頭皮、髪に負担をかけることなく染め上げます。
(ルプルプが無添加の詳細はこちら)

 

無添加処方

 

 

パッチテストを徹底していること

ルプルプはパッチテストが徹底的に実施されています。

 

しかし、すべての方に皮膚刺激が起きないと言い切れません。
なので、アレルギー体質や敏感肌の方は、初めてルプルプを使う前にパッチテストを実施することをおススメします。
(ルプルプのパッチテストのやり方はこちら)

 

 

ガゴメ昆布の粘り成分がバリアしてくれること

貴重なガゴメ昆布のフコイダンというネバネバした成分が乾燥や細菌から身を守るバリア機能を持っています。
ルプルプは、この成分を利用することにより地肌や頭皮、髪をバリアします。

 

カゴメ昆布のフコイダン

 

 

これらの3つの理由により、ルプルプは地肌や頭皮はもちろんのこと、髪にも安全に作られているのです。

page top